開催概要

今、「食」や「農」に関わるさまざまなサステナビリティ課題が注目されています。
世界では毎年、食料生産量の3分の1が消費されずに廃棄されている一方で、現在、8億人が飢餓状態にあると言われています。2050年には、世界の人口が97億人に到達すると予想されており、気候変動による異常気象や気温上昇が、農業・水産業などの食料生産に大きな影響を与えるなか、世界的な食料危機が危惧されています。
また、日本の食料自給率は先進国中最低の水準であり、食料安全保障に課題を抱えています。さらに、新型コロナウイルス感染拡大やウクライナ危機をきっかけに、食料生産・調達・流通のサプライチェーンリスクも浮き彫りになっています。

これらの多くの「食」の課題を解決するためには、各企業・官民で連携し、一丸となり解決に取り組む必要があります。本イベントでは、「食のサステナビリティ共創・協働」をテーマに、さまざまな取り組み・協働事例を発信するとともに、「食」の課題の認知向上と、「食」の課題の解決に寄与する機会の提供を目指します。

株式会社クラダシ 代表取締役社長 関藤 竜也

関藤 竜也
株式会社クラダシ 代表取締役社長

  • タイトル「食のサステナビリティ共創・協働」フォーラム
  • 日時2022年10月26日(水)12:30~18:00(予定)
  • 会場室町三井ホール&カンファレンス (オンラインまたはアーカイブ配信も予定)
  • 参加費無料(定員500名予定)
  • 主催株式会社クラダシ
  • 対象食品関連企業にお勤めの方、SDGsやサステナビリティ、地方創生や食品業界の
    DXに取り組まれている等、「食のサステナビリティ」というテーマに関心のある方

※ 途中入退室自由、時間変更の可能性があります。
※コロナウイルス感染拡大によりオンラインやアーカイブ配信の開催のみとなる場合がございます。

講演プログラム

12:3012:35

Opening Talk

関藤 竜也

関藤 竜也
株式会社クラダシ
代表取締役社長

12:3513:55

農・食とパーパス経営

基調講演(12:35-13:05)

名和 高司
一橋大学ビジネススクール客員教授
京都先端科学大学教授

パネルディスカッション(13:05-13:55)

Coming Soon

Coming Soon

[モデレーター]

Coming Soon

14:0514:35

食品ロス問題及びその対策について

基調講演

森 幸子 氏

森 幸子
農林水産省
外食・食文化課 食品ロス・リサイクル対策室 室長

14:3515:25

SCM・DXによる食品ロス削減等

企業講演(14:35-15:05)

岡本 数彦 氏

岡本 数彦
株式会社シノプス
取締役

企業講演(15:05-15:25)

Coming Soon

15:3516:05

ベンチャー・フードテックによる食のイノベーション

企業講演

出雲 充 氏

出雲 充
株式会社ユーグレナ
代表取締役社長

16:3017:45

地域における食のサステナビリティの取り組み

基調講演(16:30-17:00)

内藤 佐和子 氏

内藤 佐和子
徳島市長

パネルディスカッション(17:00-17:45)

山田 邦雄 氏

Coming Soon

Coming Soon

[モデレーター]
関藤 竜也
株式会社クラダシ 代表取締役社長

17:4518:00

Closing Talk

関藤 竜也
株式会社クラダシ 代表取締役社長

協賛企業

  • 三井不動産株式会社
  • 株式会社日本食糧新聞社